アルツハイマーにシソのポリフェノールが効果的

福島大学の研究で、アルツハイマーにシソ由来のポリフェノールが効果的と判明。
正確には「ロスマリン酸」という物質。
ロスマリン酸はシソ以外にもローズマリー、レモンバームにも含まれています。
ロスマリン酸自体は血液脳関門に阻まれ、脳内に直接入らないようですが、ドーパミンの分泌を促すそうです。
その結果、アミロイドβの集積が抑制されるとのこと。
ドーパミン濃度を上げる作用があるなら、一種の興奮剤としても使えそうですね。
どの程度の量が必要なのかは不明なので、シソやローズマリーやレモンバームをどの程度食べればいいのかもわからないですが……。

アルツハイマーに効果!シソ科植物など含まれるポリフェノール

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください