アトピー性皮膚炎を抑える注射

2018年にサノフィが発売開始したデュピクセント(デュピルマブ)を注射すると、
アトピー性皮膚炎の痒みとなる原因物質インターロイキン4やインターロイキン13の働きを抑えられるそうです。

2019年5月からは患者が自宅で注射できるようになったとのこと。

従来は2週間に1回の通院が必要だったそうです。
注射1本で6万6千円以上。
初回に2本、以降は2週間おきに1本打つので、初月は約26万5千円かかるとのこと。
(国保が適用されるので、自己負担は8万円ほどでした)

自宅注射が可能になり、一度に処方できる注射が増えることで、
高額療養費制度の対象となって、1ヶ月の上限を超える分を国が負担できるようになっています。
ただし上限は所得によって異なるとのこと。

注射だけではダメで、従来の塗り薬も併用するそうです。

アトピー新薬、自宅で手軽に注射 かゆみの原因抑える

コメントは受け付けていません。