Googleドライブにマルウェアの危険性

Googleドライブにマルウェアをダウンロードしてしまう危険性があるそうです。
その方法は「版の管理」を使ったもので、まず問題の無いファイル(ただの写真など)をドライブにアップロードしておきます。
次に版の管理を利用して、マルウェアなどの悪意のあるファイルを「新しい版」としてアップロードします。
こうすると、ファイルがすり替わっても同じリンクでアクセスできます。
安全なファイルと思い込んでリンクを開いて、マルウェアに感染してしまうわけです。
アンチウイルスが反応する既知のマルウェアでも、
ChromeでGoogleドライブから落とす場合、悪意のあるファイルに反応しないそうです。
Googleにこの問題を通報しても、今のところは何の反応もないんだとか……。
まあ、他人のGoogleドライブのリンクは一切触らず、自衛するしかないですね。

Googleドライブの一部機能に脆弱性 マルウェアをダウンロードする危険性も

コメントは受け付けていません。