Chromeのアドレスバーにhttps表示を有効化する設定

Chromeのバージョン69以降、従来はアドレスバーに表示されてた「http://」などの通信規約の表示を隠すようになってます。

これを表示するように変えるには、
chrome://flags/
を入力してChromeの隠し設定ページを開きます。
または
chrome://flags/#omnibox-ui-hide-steady-state-url-scheme-and-subdomains
にアクセス。
Chromeのアドレスバーにhttps表示を有効化する設定
Omnibox UI Hide Steady URL Scheme and Trival Subdomains
という項目を「Disable」にします。

Chromeを再起動すると、URLの先頭部分(画像のhttps://)が表示されるようになります。
Chromeのアドレスバーにhttps表示を有効化する前と後

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください