グーグルの検索クエリの20%は過去90日間で検索されてないキーワード

グーグルの広告出稿サービス「AdWords」のヘルプページから引用。
部分一致を活用するよう促してます。

部分一致を使用する

キーワード作成にかける時間を節約する: システムがキーワードの関連パターンを自動的に認識するため、パターンを網羅するためにひとつひとつ考える必要はありません。Google で 1 日に行われる検索の 20% は、過去 90 日間に一度も行われたことのないものであることを考えると、これは大きな時間の節約になります。このようにユーザーの検索内容は予測が難しいため、キーワードを作成する際に完全一致だけであらゆる関連検索をカバーするのはほぼ不可能と言えます。

推測ですが、検索し慣れていない人はフレーズ検索する傾向があると思います。
初心者が思いつくフレーズなんて、他の人が思いつかないフレーズなのは当然で、
これが主に過去90日間で検索されてないキーワードに該当するんでしょう。
こちらのケースはたぶん、初歩的な情報が欲しいんだろうと思いますが、アクセス手段としては悪手。

検索に慣れると複合キーワード(○○ ×× △△のようなキーワードの組み合わせ)で検索するようになります。
単独キーワードだと関係ないページがたくさんヒットして、
自分が欲しい情報にすぐにアクセス出来ないと経験則としてわかるようになるからです。
それでキーワードを増やして目的のページを素早く見つけようとします。
キーワードの組み合わせが増えると、他の人がなかなか思いつかないような組み合わせも含まれるはずです。
これも過去90日間で検索されてなかったキーワードに該当するんだろうと思います。
こちらのケースはマニアックな情報が欲しい訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください