グーグルが広告から仮想通貨を排除

グーグルが金融関係のポリシーを変更。
仮想通貨やバイナリーオプション、差金決済取引、ローリングスポットFX、金融スプレッドベッティングの広告は配信不可となります。
実姉は2018年6月から。

金融サービス: 制限付き金融商品に関する新しいポリシー(2018 年 6 月)

ただし、差金決済取引、ローリングスポットFX、金融スプレッドベッティングについては、
当局の承認を得て、グーグルのポリシーにも準拠する場合は配信可能。

正直、対応が遅い……。

仮想通貨がバブった遠因としてアドワーズがあるような気はします。
だってアドセンスは大手ニュースサイトにも掲載されていて、
仮想通貨の広告もそれらのサイトに掲載されてたので、
後光効果から仮想通貨の信頼性が上がったのはあるはずなので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください