「インデックス カバレッジ」の問題とは何か

グーグルのウェブマスターツールの新しい版として「サーチコンソール」ベータ版が公開されているけど、
その管理画面で「インデックスカバレッジの問題が検出された」と警告が出てたので意味を調べた。

インデックスカバレッジの問題とは、グーグルがページをインデックス(キャッシュ)できなかったという意味らしい。

インデックス カバレッジ レポート

その原因は以下のパターンがある。

  • 401エラーでアクセス出来なかった。
  • 404エラーでアクセス出来なかった。
  • 5xxエラーでアクセス出来なかった。
  • robots.txtでブロックしているページをインデックスした。
  • Sitemapに載っているURLにnoindexが指定してあった。
  • リダイレクトエラーが起きている。リダイレクトチェーンが長すぎる。またはループが発生している。
  • 法的申し立てでページを削除した。

これらのエラーの意味と解消法は以下の通り。

  • 401エラーは認証が必要なページをアクセス拒否した時のエラー。
    SitemapにIDやパスワード認証が必要なページを載せている。
  • 404エラーは記事が存在しないのが原因。
    SitemapにURLが載ってるのに、記事が存在しない可能性が高い。
  • 5xx系エラーはサーバー側のエラーなので、サーバーに問い合わせる。
    ただし、Wordpressの場合は管理画面へのアクセスは拒否するのは当然で、Sitemapに管理画面関係のURLが載っているのかも。
  • robots.txt関係は、robots.txtではアクセス拒否だけど、SitemapにはURLが載っている場合に発生するらしい。
    ブロックしたいページにnoindexを指定すると解消する。
  • Sitemapに載っているURLなのにnoindexが指定してある場合は無視するかSitemapにそのURLを載せないようにする。
  • 法的申し立てによるページ削除は、違法コンテンツを含むページの事。
    不服ならグーグルを告訴すればいいけど、大人しく従うのが賢明。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください