災害時に水や海水で充電できるマグネシウム空気電池

災害時に水や海水で充電できるマグネシウム空気電池は、マグネシウムの化学変化を利用した充電器。


使用時に二酸化炭素や騒音が出ません。
ただしわずかに水素ガスが発生するので換気や火気には注意。

200Wh/3.0Vの電源として5日間発電し続けます。
Wh(ワット時)=mAh(定格電流)÷1000×V(定格電圧)なので
60000mAhの発電力があります。

USBポートもあり、DC5V/1.0Aの電源として利用可能。
1度きりの使い捨てです。
5年間保証ですが、中身はただのマグネシウムなので実際にはもっと保つと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください