ドラム式洗濯機はダニが落ちない

縦型洗濯機とドラム式洗濯機で毛布に着いたダニがどのくらい落ちるか比較実験をしたそうです。
すると、ドラム式洗濯機ではほとんど落ちない事がわかったとのこと。
ただしダニがたくさん落ちた洗い方もあって、重要なのは温水で洗う事でした。

実験方法は毛布の切れ端にダニを付着させて洗うだけ。

縦型洗濯機を温水との組み合わせは78%のダニが落ち、
ドラム式洗濯機と温水との組み合わせでは90%も落ちてます。
むしろ温水を使う場合はドラム式の方がもっと落ちるわけです。

一方、縦型と冷水の組み合わせでは65%のダニが落ち、
ドラム式と冷水との組み合わせでは10%しか落ちなかったとのこと。

非漂白剤酸化剤を加えてもダニが落ちる割合に大きな変化はなかったそうです。
よって、洗濯物のダニを落とすには温水を使う事が最も重要になります。

縦型は水流が激しく、ダニが振り落とされる。
ドラム式は水流が弱く、ダニがしがみつく。
しかし温水でダニが死ぬと、しがみつけなくなって、どちらも落ちる。
こんな感じでしょうね。

Difference in Mite Survival in Blankets Washed in Top-Loading Vs. Front-Loading Washing Machines.

コメントは受け付けていません。