バタフライボードを買ってみた使用感

バタフライボードとは、ホワイトボードをノートサイズに小さくしたもの。

バタフライボードの使用感

ホワイトボード同様にホワイトボードペンで書いて、
不要な記述は不織布でこすってインクを落とすだけ。

メモ帳代わりに便利かと買ってみました。

透明ボード2枚がちょうど表紙と裏表紙に相当。
中は4枚のホワイトボード。
磁石がついていて、磁力でノートのような綴りになってます。
この磁力が思いのほか強く、パソコン回りで使うのはマズいかも。
メモリーやHDDに近づけるとデータ消失のリスクがあります。

ホワイトボード同士がつるつるしていてぴったりくっついて開きにくいので、
右下に付箋を貼って開きやすくしてます。

現状では使い始めで使用感としてはまだよくわかりません。
数ヶ月使って、後日使用感を追記します。


半年ほど経って追記ですが、今は全く使ってません。
少なくとも私の生活には不要でした。

時間が経つとインクが消しにくくなるのが難点。
これでは、書いてすぐに消すという使い方しかできないですね。
だったらメモ帳でいいんです。

磁石があるのもPC周りでは使いづらい。
うっかり記憶装置に近づけられないですから。

ペン先も太いので、大きさの割りにはスペースを生かしてたくさんの物を書けません。

私が求めてたのはメモを書いて比較的長期的に残る物。
また、1枚にたくさん書ける物だったと遅まきながら自覚しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください