1万時間の法則の正確な意味

1万時間の法則とは、何であれ1万時間練習すればプロになれるという法則のこと。
しかしこれはざっくりとした説明で、本当は以下のような条件が加わります。

  • 教師がいる。
  • 練習課題が常に難しいのでコンフォートゾーンから抜け出る。
  • 具体的な目標がある。
  • フィードバックがある。
  • 心的イメージとの相互作用。
  • 地道に改善する。

本質的に重要なのは「具体的な目標」と「常に難しい課題」です。

つまり、スキルの習得度評価が具体的で、
今どの程度スキルが身についているか客観的に把握できる場合、
1万時間の法則が当てはまるのです。

教師はその事をわかっていて、適度に難しい課題を提示する必要があります。
全くの初心者が独学でこのような課題に取り組むのは困難です。
その分野の事が何もわからないからです。

また教師がいればフィードバックが貰えます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください