過ちから学ぶ人は成績がより向上する

スタンフォード大学の研究で、過ちから学ぶ人はより成績が向上すると判明。
実験はニューヨーク市内の12の学校の5年生400人を対象に行われました。

生徒を2グループに分け、同じ簡単な図形パズルを出題。
片方のグループは知性を褒め(頭がいい等)、もう片方は努力を褒めた(頑張ったね等)そうです。

その後、同じ生徒に別のテストを出題。
ただし、簡単な方と難しい方を選ばせています。
すると、知性を褒められた生徒は簡単な方を選び、努力を褒められた方は90%が難しい方を選ぶようになったとのこと。
知性を褒められた方は自分が賢く見える方を選んでしまい、間違いをするリスクを避けようとするようになったと考えられます。

更に、より高度なテストを出題。
5年生に8年生向けのテストを与えたそうです。
すると、知性を褒められた方はすぐに諦めました。
努力を褒められた方はテストを解こうと熱心に取り組んだとのこと。

テスト後に、自分より成績が悪い方の答案と良い方の答案、どちらかを見るのを選ばせると、
知性を褒められた方は成績が悪い方を選び、努力を褒められた方は成績が良い方を選んだとのこと。
これは、知性を褒められた方は自分より成績が悪い方を見て自尊心を満足させようとし、
努力を褒められた方はより良い生徒から学ぼうとしたからと考えられます。

最後に最初のパズルと同じパズルを出題したところ、努力を褒められた方は成績が30%向上。
一方、知性を褒められた方は成績が20%低下。
これは、努力を褒められた方は挑戦することを重視するようになり、
知性を褒められた方は難しいテストで失敗した為にやる気をくじかれたからと考えられます。

最近、プロゲーマーの言葉がバズってましたが、「敗北から学ぶ」と似たような事を言ってます。

とある外国人プロゲーマーに『日本チームに必要なもの』を尋ねた所「実に日本人らしい」事を言われてるという感想続々

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください