The Manhunt ポーランド編

The Manhuntは、アメリカの元海軍特殊部隊ジョエル(Joel Lambert)が
「リアル鬼ごっこ」をするドキュメンタリー。

いま期間限定無料公開してます。

【ガチ鬼ごっこ】ザ・マンハント(ポーランド)[FULL] | 期間限定公開 | Manhunt with Joel Lambert (ディスカバリーチャンネル)

追っ手も本物の国境警備隊。
警備隊は訓練にもなり、番組も作れてWin-Winですね。
この動画ではポーランドでやってますが、
他にも南アフリカとかパナマでもやってるようです。

ポーランド国境を「不法侵入」して越え、
35km離れた目標地点に到達するとジョエルの勝利。
それまでにジョエルを捕まえると警備隊の勝利というルール。
ただし警備隊側はゴール地点がわからない状況からスタートします。
また、ジョエルの侵入に気付いてから
遅れて捜索開始というハンデが与えられます。

ヘリで追跡するとか夜にしかやってません。
追っ手が有利すぎるからでしょうね。

逃亡するジョエルや、追跡する警備隊が、
要所要所で解説するのが興味深いです。
草が倒れた方向に進んでいるとか、
夕方になると木の影が長くて足跡が見えづらくなるとか。

ジョエルは撮影班と一緒に行動してるんで、
あまりリアルな感じではないです。
複数で移動してたら目立つだろと……。
あと、逃亡中に撮影班とはぐれた状況で、
崖から滑り落ちたら、崖下に撮影班が待ってたり。
台本があるんだろうなと思います。
それなりに金をかけて撮影してるのに、
早々に発見されると番組が成立しないので……。
10年くらい前に話題になった深夜番組「逃走中」を連想しました。

逃走中~run for money~ [DVD]
逃走中~run for money~ [DVD]

posted with amazlet at 20.01.26
フジテレビジョン (2007-07-18)
売り上げランキング: 88,102

ただ、はぐれた状況ではジョエルのハンディカメラで撮影してました。
ずっとハンディで撮ればいいのに。

あと、番組の為ですが追っ手側がわざわざ英語で命令してるのは不自然に感じます。
ポーランド語で部下と話すシーンもあるけど、
さすがに部下への命令が英語なのは「?」となりました。

最終的に、ジョエルは警備隊に捕まりました。
トラックの下に隠れて大幅に距離を縮めたのは良かったけど、
トラックから出る時にドライバーに見つかってしまったのが致命的。
警備隊に通報が入って、そこから追跡されて捕まりました。
これが無ければゴールできたかもって感じでした。

コメントは受け付けていません。