USB3.0ケーブルは素早く挿さないと2.0扱いになる

短縮URL(ショートリンク)
コンピュータ周辺機器

USB3.0ケーブルは素早く挿さないと2.0扱いになります。
これは都市伝説とかオカルトではなく、USB3.0の仕様の問題。
なぜなら3.0ケーブルの端子は2.0との互換性のために、2.0用のピンの奥に3.0用のピンがあるから。
正確には、この仕様はTyep-Aケーブルのみの仕様です。

USB3.0ケーブルは素早く挿さないと2.0扱いになる
2組の信号が同居するUSB 3.0用コネクタ/ケーブルより。

ゆっくり挿すと2.0用ピンだけが反応して、2.0ケーブルと誤認識されてしまいます。
素早く挿すことで奥の3.0用ピンも同時に反応し、3.0ケーブルと認識されます。
こんなややこしい仕様になったのは、3.0の時点で2.0が普及済みだったから。
2.0との互換性を維持して3.0を普及させ、Type-Cが市場投入されました。

タイトルとURLをコピーしました