USB TypeCの規格の違い

USB TypeCには様々な規格があります。
デバイスの規格と合わないケーブルだと正常動作しない事があります。

まず最大電流が5Aと3Aの2種類があります。
5Aで動くデバイスだと3Aのケーブルでは動きません(または動作がおかしくなります)。
充電に使う場合、5Aでも3Aでも充電自体は可能ですが、3Aだと電流が減ってより長い時間がかかります。

データ転送速度の違いも3種類あります。
USB 2.0とUSB 3.1 Gen1とUSB 3.1 Gen2です。

USB 2.0は最大480Mbps。
USB 3.1 Gen1は最大5Gbps。
USB 3.1 Gen2は最大10Gbps。

これらの違いはケーブルそのものを見てもわかりません。
買った際のパッケージに詳細が載ってるはずで、それを保存するか覚えるしかありません。

一応、ケーブルを挿すとどの規格か調べられるチェッカーもあります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください