UASPデータ転送とは何か

UASPデータ転送とは、USB Attached SCSI Protocolの略。

SCSIという古いデータ転送規格をUSBでも使えるようにしたデータ転送規格。
USB3.0以降の規格が対応しています。

SCSIとはパラレル転送規格で、USBはシリアル転送規格。

パラレル転送とは、データの通り道が複数あって同時に転送できるデータ量が多い転送規格。
シリアル転送とは、データの通り道が1つしか無い転送規格。

UASPは、本来シリアル転送しかできないUSBをパラレル転送できるようにしています。
データの通り道が複数あるので、従来のUSB3.0よりも高速化しています。

ただし、USBコントローラが対応してないとUASPモードを利用できません。
Windows8以降のバージョンだと対応済みです。
MACだと10.8以降のバージョンは対応済みです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください