DDR3とDDR3Lの違い

DDR3Lの「L」とは低電圧で動作する(Low voltage)という意味。

DDR3は1.5V。
DDR3Lは1.35V。

消費電力は電圧の二乗に比例するので、
1.35Vは1.5Vに比べて約80%の電力で動作します。

DDR3Lが動作するメモリスロットの場合、
DDR3は1.5V必要なので動作しません。

逆にDDR3が動作するメモリスロットの場合、
DDR3Lは動作するはずですが、実際には動作しない事が殆ど。

なので、スロットと同じ電圧のメモリを使った方が良いのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください