宅配業者のフリをしたSMS詐欺

宅配業者からの宅配通知や不在通知を装ってSMSを送信し、スマホの情報を盗む詐欺が増えているそうです。
SMS詐欺の手口は、SMSのリンクをタップするとPaypayのような決済サービスに登録してしまうとのこと。
リンクをタップした時点でスマホの情報を盗むプログラムがインストールされるそうです。
通常、決済サービスを利用すると認証コードが届きますが、
情報を盗むプログラムが認証コードを表示しないようブロックしつつ、
メッセージの内容を読み取って犯人のスマホへ送信するようです。
そうして、犯人は認証コードを入力して決済を完了させます。

このSMS詐欺を防ぐには、設定で「提供元不明なアプリのインストール」をオフにします。
これで知らないプログラムが勝手にインストールされそうになっても、確認メッセージが出るのでわかります。

そもそも覚えのないSMSのリンクはタップしなければいいんです。

もし怪しいプログラムが入ってしまったら、機内モードに変えてどことも通信できないようにし、怪しいプログラムを削除します。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください