ケーブルは逆位相巻きだと断線しにくく長持ちする

パソコンの周辺機器を繋ぐケーブルをしまう際に「逆位相巻き」(8の字巻)にすると断線しづらくなります。
ケーブルは逆位相巻きだと断線しにくく長持ちする
逆位相巻きだとケーブルが絡みにくくなるので、イヤホンを巻くのにもオススメです。
その解説動画です。

ちなみに、なぜ逆位相巻きが良いのかと言うと、内部の銅線がツイストしているからです。
逆位相で巻くことでツイストに逆らわずに巻けるからです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください