エレコムTK-FBP101キーボードは4ヶ月で故障した

短縮URL(ショートリンク)
コンピュータ周辺機器

エレコムのBluetoothコンパクトキーボードTK-FBP101、テンキー付き、
乾電池式でパンタグラフ方式のキーボードを2月に買ったんですが、
4ヶ月経ってスペースキーが勝手に入力され続ける異常動作が発生。
エレコムTK-FBP101キーボードは4ヶ月で故障した
他にも、キーごとに連続入力が止まったり、1文字以上は全く入力されなかったり。
例えばOは押しっぱなしで連続入力されます。
でもKは押しっぱなしで10文字程度入力すると止まります。
Nは1文字だけ入力されて無反応です。
原因不明で突然、このような症状が出ました。
どこかにぶつけたとか、何かをこぼしたとかはありません。
このような症状は電子回路の故障らしいです。

始めは電池切れとか電圧低下を疑い、新品の電池と交換したんですが
新品の電池でも同じ症状が出たので故障と判断しました。

Amazonのセールで買って、2900円でした。
さっき確認すると3182円。
エレコムの保証期間は6ヶ月ですが、
こちらから送る場合は送料自腹です
しかも佐川を使うよう指示されています。
僻地から送ると送料が2000円くらいします。
これなら新品を買った方がマシです。

他の似たようなのを買おうと思ったんですが、
打鍵感は今まで使ってきたキーボードではベストの感触でした。
ほしいのはコンパクトキーボードでテンキー付き、
しかもバッテリー内蔵ではなく、乾電池式。
バッテリー内蔵は充電が手間なので使いたくないんです。
乾電池式コンパクトキーボードは代替品が見つからないので、
同じ機種をもう一度買うことにしました。
ちょうどプライム特典のAmazonPhotoキャンペーンとして1200円クーポンも貰ったし。
クーポン適用でエレコムへの送料と同じ金で新品が手に入ります。
まあ不満点は乾電池を入れるスペースが狭くて、充電池が入らないことですが……。

タイトルとURLをコピーしました