腎不全は数年後には薬で治せる見込み

腎不全は尿の通り道に死んだ細胞が溜まって塞いでしまうのが原因で、
通常はAIMタンパク質が作用して「ゴミ」を取り除くそうです。
しかし猫の場合はAIMタンパク質が機能せず、
腎不全になってしまうとのこと。
このAIMタンパク質が作用する薬を開発中で、
数年後には使えるようになるとのこと。

もっと長生きできる…腎不全多発、東大など原因解明

(前略)

腎臓は、血液中の老廃物を尿として排出する役割がある。腎不全はこの機能が働かない状態のことで、尿の通り道となる管内の細胞が死んではがれ、ごみとなって塞いでしまうことが原因となる。猫の場合は5〜6歳で急性の腎不全になることが多く、そのうち5〜7割が改善せずに、慢性腎不全のため15歳程度で死ぬという。

 人やマウスでは、急性の腎不全になった場合、血液中に固まって浮遊しているたんぱく質「AIM」が活性化し、ごみの排除に関わって腎機能を改善させるが、猫の場合は、AIMが急性腎不全になっても働かないことを研究チームは発見した。

(後略)

コメントは受け付けていません。