起業家はトキソプラズマ感染者が多かった

米コロラド大学などの研究で、起業指向が強い人はトキソプラズマ感染者が多かったと判明。

寄生虫が人の行動に影響?

研究では1500人の学生を対象に、唾液からトキソプラズマが検出するかをテスト。
するとビジネス系を専攻する学生は、そうでない学生よりも1.5倍も感染者が多かったそうです。
更にビジネス系専攻でも会計や財務よりも、起業や経営を専攻する学生は感染者が1.7倍多かったとのこと。
社会人200人を同様に調査したところ、起業経験者は1.8倍も感染者が多かったそうです。

トキソプラズマが脳のホルモンの分泌をパターンを変え、
リスクの高い行動へと駆り立てると考えられると研究者は推測しています。

でも、リスクテイカーは単に猫を好む性格が多いって理由じゃないんですかね……。

起業家指向が強い人は猫を好み、結果的にトキソプラズマに感染しているのかも。
生育歴から猫を飼育した経験とリスクテイカー度を調べて、
猫好みな性格が先か、トキソプラズマが先かを調べて欲しいですね。
トキソプラズマが先なら、猫を飼育後にリスクの高い行動を取りがちな性格に変わっているはず。
猫を好む性格が先なら、猫の飼育以前からリスクの高い行動を取ってたはずです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください