猫は生後2~3年で便意や尿意を自覚できる

ふと思い出したので書くけど、猫はたぶん、生後2~3年で便意や尿意を自覚できます。

今は猫を飼ってないけど、むかし猫を飼い始めた当初、猫がトイレに行く時は走ってトイレに向かってた。
そしてトイレに入るや、すぐにおしっこやうんこをしてた。
野良猫だったけど、飼って1年くらいは体が成長し続けたので、家に来た当初は生後1年くらいだったはず。

それから1年数ヶ月くらい経って、ある日気付いた。
猫がトイレに行く時にゆっくり歩いて行くように変わってたと。
しかも、台所の水飲み場でちょろっと水を飲んでからトイレに向かったり、余裕があった。
そしてトイレに入ってもすぐに排泄せずに、数秒~10秒くらい踏ん張ってから排泄していた。

その変化がどの辺りだったのかはわからない。
何しろ、トイレの行き方がどう変化するかなんて興味なかったので……。
とにかく飼い始めてから1年数ヶ月経った頃には変化していた。

この変化の違いは、便意や尿意を自覚できるようになったから。
トイレに走って行ってた頃は、ギリギリまで溜まってからやっと便意や尿意に気付くという感じだったと思う。
ゆっくり歩くようになったのは、そこそこレベルの溜まり具合で自覚できるようになったから。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください