猫がマタタビを好むのは虫除けの為だった

岩手大学農学部やリバプール大学、名古屋大学、京都大学の研究で、
猫がマタタビを嗅ぐと地面に転がって体をこするのは、
酔っぱらっているのではなく、虫除けの為だったと判明。

実験ではマタタビをケージ内の天井に設置して、猫の反応を観察しています。
すると、猫は地面に転がらずに天井に顔をこするようになったとのこと。
もし酔っぱらっているなら、地面に転がるはずなのに、この場合は転がらなかったわけです。

マタタビの主成分イリドイドネペタラクトルは、蚊が嫌う臭いとのこと。
マタタビの葉が枯れる事で、周辺の地面にもイリドイドネペタラクトルがあります。
この匂いを体にこすりつけると蚊が寄ってこないのを
猫は本能的に知っているわけです。

ただし多幸感を感じてるのは事実のようです。
なぜならμオピオイド受容体阻害薬を投与すると、
マタタビを嗅いでも転がったり顔をこすったりしないから。
μオピオイドとは多幸感に作用する物質です。

The characteristic response of domestic cats to plant iridoids allows them to gain chemical defense against mosquitoes

コメントは受け付けていません。