猫から人へSFTSに感染することもある

 
短縮URL(ショートリンク)

SFTSとは重症熱性血小板減少症候群のこと。
発熱と嘔吐、下痢が起きます。
通常はマダニに噛まれることで発症します。
宮崎県の獣医師が猫由来のSFTSに感染したようです。
獣医師と一緒に猫を診断した看護婦2人も発症。
獣医師当人は高熱による意識混濁で10日間入院したとのこと。
看護婦は軽症のようです。
全員、きちんと手袋をしてマスクもかけていました。
引っかかれたり噛まれてはいません。
猫が身震いしたときの飛沫から感染したようです。
SFTSウイルスが感染原因なので、ウイルスを防ぐN95マスクや手袋じゃないとブレイクスルーします。
おそらくこの猫がマダニに噛まれていたんでしょう。

タイトルとURLをコピーしました