ビットコインの売買の95%は偽装

アメリカのビットワイズ・アセットマネジメントという仮想通貨の取引状況を調査する会社が、
ビットコインの売買の95%は偽装という報告書を米証券取引委員会に提出しました。

偽装取引は仲介業者が自作自演アカウントを使って行っているそうです。
偽装取引の特徴は、まず反対売買をすぐに行う事。
売ったらすぐに買い戻したり、買ったらすぐに売ったりしているようです。

それから、昼夜を問わずに一定の取引があること。

同様に、欧州の非営利団体「クリプト・インテグリティ」は2月の仮想通貨の取引は99%と報告しています。

一方、日本のビットフライヤーは透明性が高いと評価。
QUOINEも取引高の水増しはないと評価。

ビットコイン売買「95%偽装」 米社がSECに報告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください