データは新たな石油とはどういう意味か

データは新たな石油とは、膨大なパーソナルデータの事。
これをビッグデータと呼びますが、大量の個人情報があれば人々の生活がより効率化されるので、最大の生産材料となる事から、
ビッグデータは水や電気、石油のような公的資源となるだろうとされています。

ただし、実際には役に立たないと批判する人も多いようで、
その理由は生のデータは問題解決に役立つようにまとめられていない事。
また、データを生かす素養が社内に存在しないとデータだけ集めても無駄な事。
データを適切に分析した上で、商品開発にすぐにフィードバックできる体勢が整ってないと活用できない訳です。

ビッグデータを活用できる企業だけが個人情報を石油に変えられます。
だからLINEなどスマホアプリは無料使用と引き替えに個人情報を集めているのです。

商用だけでなく、国家戦略としての政治工作にも活用できるんじゃないですかね。
だから中国のテンセントは日本人の個人情報を集めたがってるのだろうと疑ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください