星を継ぐもの

超有名SFのひとつらしい。
ハードSF巨匠ホーガンのデビュー作だそうで。
とても引きこまれて、休日に一気に読んだほどに面白かった。
主人公は科学者で、月面で見つかった5万年前の異星人の死体の謎を解こうと、集められた情報や仮説を取捨選択して、推理する。
しかしその推理を覆す証拠が見つかり、また推理のやり直し。
ということが何度か繰り返される。
最終的には、人類の起源や月の起源への推理にまで及ぶスケールの大きさには驚いた。
文章の大半は、このような思考プロセスで、SFによくある宇宙冒険譚とかじゃない。
SF推理小説って感じだった。

星を継ぐもの (創元SF文庫)

コメントは受け付けていません。