夏と冬の奏鳴曲ネタバレ感想

孤島&館物ミステリと聞いて読んでみた。
孤島に閉じ込められた8日間に、次々に殺人が起きるってやつ。
謎の7人目がいると疑心を抱く、みたいなありがちなもの。
最後まで読んでも、謎の解明は無いので煮え切らない。
夏と冬の奏鳴曲(ソナタ) (講談社文庫)

終盤までは、尚美と和音との二重人格ネタかと思っていたな。
あと桐璃も二重人格かと思っていた。
犯人の動機が不可解すぎ。
キュビズムを援用してるけど、意味不明。
理論的な説明は理解不能なので読み飛ばした。
終盤までは退屈だった。
最後まで読んでも、主人公の半生と20年前の映画とが極めて似ている理由がわからない。
文章はコピペで、まったく同じだし。
素直に読むなら、主人公は映画を現実化するために、犯人側に利用された?
そんなことが可能なの?と思ってしまう。
これも神父が言う奇跡?
事実上の密室殺人が、単に未知の自然現象で偶然起きていただけってのは「えええ???」と唖然となった。
こんなの読めないよ、と。
つまりトリックは無かった。
結局は、謎の7人目はいなかったとなるけど、そのあとで殺人とは関係ないけど実は7人目はいたと判明するどんでん返しは何の意味があるのかよくわからない。
あと、桐璃は普通に考えて双子?
最後に登場した目が無事なほうが、主人公と桐璃しか知らないことを言い出すのは、裏で2人の桐璃が情報交換すればいいだけなので、どっちが「本物」かはわからない。
ただ桐璃が主人公を呼ぶとき「うゆー」「うゆう」と分けているのが、その手がかりらしい。
てっきり「可愛さ」アピールで平仮名書きかと思ってた。
入島から、黒ドレス桐璃が晩餐に登場し、主人公と会話するまでが「うゆー」。
その20分後に再び主人公の部屋に来た桐璃「うゆう」。
主人公と初対面の桐璃を回想「うゆー」
山に行きたがる桐璃~山から帰ってきた桐璃「うゆー」
村沢夫妻を立ち聞きする主人公を脅かす桐璃~鈴をプレゼント「うゆう
8月7日冒頭~武藤の部屋を捜索まで「うゆー」
昼寝直後「うゆう」
ウォークマンを聞いていた桐璃「うゆー」
風邪で寝込んでいたとき、雑誌社のバイトを勧める回想の桐璃「うゆー」
8月8日朝~武藤の部屋さがし「うゆー」
足跡のない雪のトリックと二重人格のことを話す桐璃「うゆう
8月9日~ブレーカーのトリックを話す桐璃「うゆー」
死んだふりを勧める桐璃「うゆう
9月10日朝、アイスソーダを飲む桐璃「うゆー」
映画を見るように勧める桐璃「うゆう
左目を抉られた桐璃「うゆー」
テラスに登場した桐璃「うゆう
島に来る前の桐璃はすべて「うゆー」。
この「うゆー」桐璃が雑誌社を薦めている。
主人公が雑誌社に勤めることで、映画の内容と主人公の人生が一致し続けている。
そして船上での会話も映画と一緒。
よって、「うゆー」桐璃もグルなはず。
主人公は「うゆー」桐璃を助けて、一緒に脱出しようとするけど‥。
主人公が、左目を失った桐璃の左目が無いことに突然否定的にコダワリ出すのは謎すぎる。
しかしそれでも、左目が無いほうの桐璃を「本物」認定して、連れて脱出しようとするし。
でも、エピローグでは左目が無い桐璃は瓦礫の下敷きとなったとされ、代わりに目があるほう、一度は否定したほうの桐璃が主人公と一緒にいる。
この心変わりがよくわからない。
エピローグで、主人公に孤島行きを命じた雑誌編集長の名前が「和~」だったのは、編集長が真の黒幕ってことなんだろうか。
雑誌社を斡旋したのは桐璃なので、編集長と関係あるはず。
ただ、編集長の動機がわからない。
島の面子は桐璃を見て驚いてたのだから、桐璃の存在をしらない。
映画の内容を実現すべく、主人公同様に彼らも編集長に利用されたのでは?
「うゆー」桐璃の左目が抉られることも、編集長の計算のうちだったのだろうか?
2人の桐璃が帰ってくるのが、当初の予定だったんだろうか?
「うゆー」桐璃が死んだのは、瓦礫の下敷き=事故と思わせる記述だけど、はっきりしない。
桐璃が2人いると何かマズイんだろうか?
それで主人公と「うゆう」桐璃が、「うゆー」桐璃を殺したんだろうか?

コメントは受け付けていません。