1440分の使い方─成功者たちの時間管理15の秘訣

ツイッターでバズってたのと、Kindle版が半額くらいの割引をやってたので読んでみました。

内容は「成功者が教える時間管理の15の処方箋」をオムニバスで説明してます。
本のタイトルは「時間」だけど、時間管理とは異なる内容も。
例えば「先延ばし癖」の解消法、「ノートを取ること」は時間管理とは関係のない話。

ただし、その中心的な物は「MIT」(Most Important Task)
これは最も重要なタスクを1つ決めるというもの。
他の処方箋はMITが前提となってるので、これ抜きでは成立しません。
MITに関連して、起きてから最初の2時間が最も貴重な時間なので、MITに割り当てるべきと。
この時間帯は最も生産的な時間とのこと。

あとToDoリストは使わないと主張してるけど、
その理由はToDoリストがウィッシュリストになってしまうから。
ToDoリストは本当にやることだけを書かないと陳腐化します。
なので、別にToDoリストが悪いって事じゃないんですよね。
あとToDoリストを計画表に組み込むだけで、ストレスが緩和するそうで、これもToDoリストのデメリット。
ToDoリストだとストレスフルになってしまうので、やめるべきと。
また、MITはToDoリストではなく計画表に組み入れろと主張しています。
計画表はその日の何時に実行するかを割り当ててるので、
ToDoリストよりも具体的なので実行しやすいようです。

時間管理の処方箋は以下の通り。
詳しくは本書に当たってください。

「メール返信を捌く方法」
「会議効率化のルール」
「(目標と無関係な事を)ノーと言う為の考え方」
「80:20」のパレートの法則に従って重要タスクを決める
「委託する」
「1日のテーマを決める」
「一度しか触らない」
「朝の習慣を変える」
「エネルギーを増やして作業の効率化」
「E-3C」法(エネルギー増大と同じ)

他巻末にもTIPSがあって、料理をまとめて作るとか、テレビを一切見ないとか、
ディスプレイを2台使うとか、「やめる事リストを作る」(ToDoリストの逆)
「コンテンツを複数のチャネルで配信する」など。
あとポモドーロテクニックと同じ事も言ってます。

個人的に重要に感じたTIPSは「マルチタスクをやめる」って事。

経験から言って強く共感します。
マルチタスクは脳に不可逆の障害を及ぼすそうです。
そうとは知らずに、一時期は数年間マルチタスクをやってました。
でも全然慣れず、却ってミスが増えました。
それでも慣れの問題かと思って継続していましたが、
実は脳にダメージを与えていただけです。
加齢の可能性も十分ありますが、
マルチタスクの悪影響で今でも集中力の欠如や、注意力の欠如を感じます。
別に元からそんなに集中できてた訳でもないんですが、
マルチタスク以後、ましてそれらの能力がガックリと落ちた気がします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください