500匹の山羊がレーガン図書館を山火事から守った

アメリカのカリフォルニアで起きた山火事が鎮火できず、延焼がレーガン図書館に迫っていたそうです。
そこで500匹の山羊を使って草を食べさせ、延焼を防いだとのこと。
山羊が食べた草地の広さは13エーカー≒52700㎡。
13エーカーは東京ドームよりも少し広い面積とのこと。
これらの山羊は805 goatsという山羊をレンタルする会社が提供してます。
805 goatsでは1エーカーあたり1000ドルで山羊を貸しているそうです。
13エーカーなので13000ドルですね。
アメリカでは「草を刈るのに環境に良い」という理由で、山羊を使った草刈が行われているそうです。
ただし、アイダホ州ウェストボイジーで山羊を放った時は、
山羊が近隣の住居を襲撃してフェンスを破壊したり、花壇や芝生をメチャメチャにしてしまい、批判もあるようです。

Five hundred goats save the Ronald Reagan library from wildfires

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください