逆立ちで歩く兎がいる

ニュージーランドには逆立ちする兎がいます。
逆立ちで歩く兎がいる
なぜ逆立ちするか、ノースカロライナ大学チャペルヒル校の研究で遺伝子に理由があると判明したそうです。
研究ではニュージーランドから雌雄1匹ずつを輸入して繁殖させて52匹に増やし、
子孫の遺伝子変異を調べると、23%が父由来の劣勢遺伝子を持っていました。
この遺伝子はRORBと呼ばれる、脊髄ニューロンに関わる機能があり、
遺伝子変異で脊髄ニューロンが減少していたとのこと。
そのせいで後ろ足が上手く使えず、前足だけで歩いて移動するようになっているようです。
それが好んで逆立ちしているように見えるだけで、本当は後ろ足の障害だったわけです。

We Finally Know The Genetic Reason Why This Bunny Walks on Its Front Paws

A loss-of-function mutation in RORB disrupts saltatorial locomotion in rabbits

コメントは受け付けていません。