蚕の遺伝子を変えると桑の葉以外も食べるようになる

蚕は桑の葉しか食べませんが、蚕の「苦みを感じる遺伝子」を変えると、桑の葉以外も食べるようになったそうです。

実験では遺伝子操作した蚕にオークの葉と桑の葉を提示し、どちらを選好するかを観察。
すると、オークの葉を好んで食べたとのこと。
また遺伝子操作しない蚕も比較群として同様に2種類の葉を提示すると、蚕の葉しか食べてません。

与えたのは、ほかに林檎の果実、大豆、トウモロコシ、梨。
消化の方は問題ないみたい。
ただし、オークの葉を食べた蚕は消化できてなかったそうです。
というのも、オークの葉を選好した蚕は体重が増えなかったから。
それで解剖してみると腸に消化されてない葉が残ってたと。

A determining factor for insect feeding preference in the silkworm, Bombyx mori

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください