羊の毛皮を酵素でツルッと剥がす

ヒゲタ醤油が開発した酵素(EGF)を羊に注射し、1ヶ月くらいネットを被せます。
時間経過で体毛の成長が完全に止り、
酵素の作用で体毛がツルッと剥がせるようになるそうです。
羊の毛皮を酵素でツルッと剥がす
正確には開発したのはオーストラリアの企業で、
ヒゲタ醤油は酵素の量産に協力しただけです。
本来、この酵素は羊1体辺り150万円くらいかかったようです。
ヒゲタ醤油のタンパク質培養技術でEGFの量産に成功し、
1体あたりのコストは100円まで下がったとのこと。

コメントは受け付けていません。