死んだソウゲンワシのGPSから飛行ルートが判明

サウジアラビアでソウゲンワシの死体が見付かり、その死体に着いていたGPS装置の記録からソウゲンワシの飛行ルートが判明。

サウジアラビアのジーザーン州に住むFahd Qahshという男性が、ワディ・タフシャの沼地でソウゲンワシの死体を発見。
ソウゲンワシの死体のGPS
死体に着いていたGPS装置にはメールアドレスも印字されていたそうです。

男性がそのメールアドレスにコンタクトを取ると、2018年にカザフスタンで20羽にGPSを装着したうちの1羽と判明。

GPSの記録を分析すると、ソウゲンワシは海の上を飛んでなかったようです。
ソウゲンワシの飛行ルート地図
草原には水があるのと、海上では上昇気流が発生しないのが原因とのこと。

شاب يعثر على نسر مهاجر في الريث

Incredible Map Shows Flight Routes of Eagles Over the Course of One Year

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください