南極の氷の下から未知の生物が見つかった

英国南極観測局の調査で、南極の氷の下から未知の生物が見つかったそうです。
見つかったのは地下900メートルの岩。
南極の氷の下から未知の生物が見つかった
リンク先の動画で、ホヤのような生物が岩に張り付いているのがわかります。
ただし説明がないとただの模様にしか見えません。
調査の本来の目的は氷の下にある泥からサンプルを回収する事でした。
この日は岩にぶつかってしまい、失敗したと思ったそうです。
しかし映像を見ると未知の生き物が写っていたとのこと。
このホヤ的な生き物は、棚氷の下に流れ着く海水のプランクトンを食べていると、科学者達は推測しています。

Hidden world of bizarre creatures discovered deep beneath Antarctic ice

コメントは受け付けていません。