勝手に飛び跳ねるメキシコトビマメ

内部に蛾の幼虫が寄生し、幼虫が動くことで勝手に飛び跳ねるメキシコトビマメの動画。 
勝手に飛び跳ねるメキシコトビマメ
幼虫は実の内部を食い尽くして、内部で冬眠状態になります。
そして、羽化するのに最適な湿度や温度になると、内部で蛹になって羽化します。
幼虫が飛び跳ねるのは太陽光線から逃れて、乾燥から身を守る為とのこと。
もしも太陽光線を浴び続けると、内部が乾燥して幼虫は死ぬそうです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください