人里に降りてきた熊が人喰い熊になる4ステップ

先日、NHKに出演していた熊の専門家によると、人里に降りてきた熊が「人喰い熊」になるには以下の4ステップを順に踏まえるそうです。

  1. 人里に食べ物があると学習する。
  2. 人間は怖くないと学習する。
  3. 人間は弱いと学習する。
  4. 人間はオイシイと学習する。

なので、人と熊が共存するのは不可。
人間は怖くないとか弱いとバレた時点で、殺すしかないんですね。
そのまま放置すると誰かが(特に弱い子どもが)犠牲になります。

札幌の熊は既に飼い犬を食ってたので、人は怖くないと学習済み。
人は弱いとすら既にわかっていたのかもしれません。
何しろ白昼堂々と飼い犬を攫っているので。
小動物の次は人間の子どもを襲っていたはずです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください