ブラジル沖4202mの鯨骨群集動画

日本の海洋調査船「しんかい6500」が見つけた鯨骨群集の動画。
ブラジル沖4202mの鯨骨群集動画
鯨骨群集とは、鯨の死骸に海底生物が集まって、一時的な生態系が形成される現象の事です。
その死骸は巨大なので、分解消費まで時間がかかります。
なので生物群集が形成される訳です。
動画には黒ミンククジラの骨に蟹、エビ、貝、イソギンチャクなどが集まっている様子が映っています。

コメントは受け付けていません。