AIアシスタントの普及で音声検索が20%になっている

AmazonのAlexaやiPhoneのSiri、MicrosoftのCortanaなどが普及し、
音声で検索する人が増えているとグーグルが情報開示したようです。

Google says 20 percent of mobile queries are voice searches

Androidを搭載したモバイル機器から検索する内、20%は音声検索だそうです。
当たり前だけどPCはどうなんですかね。
でもAlexaも検索してくれる機能はあったはず。
スマホで音声検索する人は、AlexaやCortanaでも音声検索する可能性は高いので、同じ位の比率じゃないかなと思います。

ちなみに過去12ヶ月で音声検索をした事がある人は60%いるそうです。
MindMeld Launches Voice Assistant 2.0, Says Voice Search Growing Dramatically

それで音声検索の特徴としては、文章で検索しているとのこと。
従来の検索フォームに入力する方式では、単語を複数並べるだけ。
今後は音声検索がますます増えるだろうから、
単語を並べる事を意識した記事作成方法は廃れるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください