重要性の原則で簡便な仕訳をする

会計原則として「重要性の原則」と呼ばれる理念があります。

重要性の原則とは、重要でない仕訳については簡便な仕訳が認められるという意味。

仕訳の為に独自の勘定科目を作ったりして煩瑣になると、
財務状態を把握するのが難しくなります。
なので、なるべく余計な勘定科目を作らず、
重要でないものは適当な一般的な勘定で仕訳るわけです。

もちろん、逆に重要な仕訳については詳細に仕訳る必要もあります。

重要性の原則は、本来は企業会計の原則ですが、個人事業主にも当てはまります。
詳細な勘定科目を作ると、損益計算書や貸借対照表に載せるスペースがなくなってしまいます。
そうならないよう、なるべく簡便な仕訳で済ませるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください