2017年の米アリゾナの山火事はYouTuberが原因だった

2017年4月23日の起きた米アリゾナ州の山火事はYouTuberが原因だったそうです。
2017年の米アリゾナの山火事はYouTuberが原因だった

山火事を起こしたのは国境警備隊に勤務する男性「Dennis Dickey」。
産まれてた子の性別を公開するイベントとして、青かピンクの煙が出る弾丸を標的に撃ったところ、爆発の勢いで周囲の枯草が出火。
火事は47000エーカー(約190平方キロ)に延焼し、20の消防機関が出動し、1週間で鎮火したとのこと。
山火事で800万ドル(約9億円)もの被害を出したそうです。
この男性には82万ドル(約9300万円)の損害賠償が命じられています。
個人で払える金額じゃないですね……どうやって払うんだろう。
アメリカにも自己破産制度はあるようなので、自己破産ですかね。

ちなみに「gender reveal party」でYouTubeを検索すると、似たような主旨の動画がたくさん出てきます。
つまり競争が激しいんですね。
その為、視聴者を引きつけるべく過激化したようです。

17年のアリゾナ山火事、出火した瞬間の映像を公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください