赤信号にやたら捕まるのは理由があった

赤信号に捕まるのは理由があったようです。

それは信号機にある車の速度を検出する装置を使った仕組みで
交差点を通過する車の速度が速すぎると、
意図的に赤信号に変わる時間間隔が短くなるとのこと。

このせいで、いつもよりも赤信号になるのが早いと感じます。
なので、一度赤信号に捕まると連鎖的に赤信号になる事が多い訳です。
マーフィーの法則的な錯覚かと思ったら、本当に信号操作してたんですね。

また、黄信号を意図的に長くしたりするパターンもあるようです。

逆に青信号が長くなることも。
それは救急車両が通過した時に、進行方向の信号の青信号を長く表示するよう切り返るとのこと。

「やけに赤信号に捕まる…」には理由あり ドライバーが気づかない信号の仕組み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください