自撮りの死亡率は鮫の襲撃の5倍

インドの医学誌「ジャーナル・オブ・ファミリー・メディシン・アンド・プライマリー・ケア」によると、自撮りの死亡率は鮫の襲撃の5倍と判明。
2011年10月から2017年11月の間に、世界中で危険な自撮りで死んだ人は259人。
中でもインドは多く、159人がインドでの事故死。
なので政府が「自撮り禁止エリア」を制定したり、医学誌に調査させたようです。

一方、鮫の襲撃で死んだ人は50人とのこと。

危険な自撮りをしたがるのは主に男性で、男女比は3:1。
死因は水死、衝突、転落死、射殺。
ただし、自撮りを頻繁に行うのは女性の方とのこと。

自撮りの死亡率は、サメの襲撃の5倍 インドの医学誌

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください