神戸の教諭が小6女児にストレッチを行って股関節骨折

元々障害があって車椅子で生活してたそうですが、
股関節の手術を受けて自力で歩行できるようになっていたそうです。

「長年のリハビリ水の泡」手術後の小6女児に教諭がストレッチ行い全治5カ月
股関節の手術後に神戸市立小学校の特別支援学級に通うようになったところ、
その教諭があぐらを組んで上体を倒すストレッチをさせたら股関節が骨折。
今までのリハビリが全て台無しになったそうです。

学校側は「保護者に確認せずに行った」と謝罪していますが、
学校側に事情を伝えてなかったんですかね?
子ども自身にもそういう事をやるなと釘を刺さなかったんですかね?
教諭は事情を知っててストレッチをやらせたんですかね?
何とも不可解。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください