日本の法律だと国外で大麻を吸っても逮捕される

日本の大麻取締法は国外の者も処罰の対象となる事を規定しています。
日本から大麻吸引ツアーとして国外で大麻を吸いに行くのも、法律上では逮捕可能になってます。
これは日本人以外も摘要されます。
例え外国人でも、自国では合法でも、本国で大麻を栽培したり所持してたら逮捕可能です。

それは大麻取締法の第24条の8で規定されています。

第24条の8 第24条、第24条の2、第24条の4、第24条の6及び前条の罪は、刑法第2条の例に従う。
大麻取締法より。

第24条、第24条の2、第24条の4、第24条の6、及び前条(第24条の7)とは、以下のもの。

第24条の2 大麻を、みだりに、所持し、譲り受け、又は譲り渡した者は、5年以下の懲役に処する。
2 営利の目的で前項の罪を犯した者は、7年以下の懲役に処し、又は情状により7年以下の懲役及び200万円以下の罰金に処する。
3 前2項の未遂罪は、罰する。
第24条の3 次の各号の一に該当する者は、5年以下の懲役に処する。
一 第3条第1項又は第2項の規定に違反して、大麻を使用した者
二 第4条第1項の規定に違反して、大麻から製造された医薬品を施用し、若しくは交付し、又はその施用を受けた者
三 第14条の規定に違反した者
2 営利の目的で前項の違反行為をした者は、7年以下の懲役に処し、又は情状により7年以下の懲役及び200万円以下の罰金に処する。
3 前2項の未遂罪は、罰する。
第24条の4 第24条第1項又は第2項の罪を犯す目的でその予備をした者は、3年以下の懲役に処する。
第24条の5 第24条から前条までの罪に係る大麻で、犯人が所有し、又は所持するものは、没収する。ただし、犯人以外の所有に係るときは、没収しないことができる。
2 前項に規定する罪(第24条の3の罪を除く。)の実行に関し、大麻の運搬の用に供した艦船、航空機又は車両は、没収することができる。
第24条の6 情を知つて、第24条第1項又は第2項の罪に当たる行為に要する資金、土地、建物、艦船、航空機、車両、設備、機械、器具又は原材料(大麻草の種子を含む。)を提供し、又は運搬した者は、3年以下の懲役に処する。
第24条の7 第24条の2の罪に当たる大麻の譲渡しと譲受けとの周旋をした者は、2年以下の懲役に処する。

刑法2条の例とは、国外で罪を犯した者にも摘要する旨を規定したもの。

(すべての者の国外犯)

第2条
この法律は、日本国外において次に掲げる罪を犯したすべての者に適用する。
削除
第77条から第79条まで(内乱、予備及び陰謀、内乱等幇助)の罪
第81条(外患誘致)、第82条(外患援助)、第87条(未遂罪)及び第88条(予備及び陰謀)の罪
第148条(通貨偽造及び行使等)の罪及びそ未遂罪
第154条(詔書偽造等)、第155条(公文書偽造等)、第157条(公正証書原本不実記載等)、第158条(偽造公文書行使等)及び公務所又は公務員によって作られるべき電磁的記録に係る第161条の2(電磁的記録不正作出及び供用)の罪
第162条(有価証券偽造等)及び第163条(偽造有価証券行使等)の罪
第163条の2から第163条の5まで(支払用カード電磁的記録不正作出等、不正電磁的記録カード所持、支払用カード電磁的記録不正作出準備、未遂罪)の罪
第164条から第166条まで(御璽偽造及び不正使用等、公印偽造及び不正使用等、公記号偽造及び不正使用等)の罪並びに第164条第2項、第165条第2項及び第166条第2項の罪の未遂罪
刑法第2条

ただし「みだりに」行った者が対象なので、常習者じゃないなら見逃されるでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください