ユーロビートを聴きながら運転すると事故りやすい

イスラエル・ベングリオン大学の研究で、ユーロビートを聴きながら車を運転すると事故率が上がると判明。
ただし実験はたったの28人が対象なので、信憑性は低いです。

実験では7年以上の運転歴のある28人のドライバーに様々な音楽を聞かせて運転して貰ったそうです。
すると、テンポの速い音楽を聞いていた場合は、信号無視や急発進、急ブレーキが増加したとのこと。
なので、ユーロビートは本質ではなく「テンポの速い音楽」は運転に悪影響があります

逆に静かな音楽と何も聞かない場合では、静かな音楽の方が運転に集中できる事も判明。

ユーロビートを聴きながらの運転は非常に危険—研究成果が明らかに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください