スマートキーを解錠できるリレーアタック

リレーアタックと呼ばれる、海外では既に一般的な車を盗む手口が国内でも発生。
リレーアタック、ついに被害が確認された! しかも高性能バージョンの可能性大!
スマートキーを解錠できるリレーアタック
その方法はスマート-キーの電波を受信し、中継器を使って車の近くで待機している共犯者に開けさせるというもの。
スマートキーは特定の信号の電波を車側が受信すると解錠してしまいます。
元々は数十センチ~1メートルしか飛ばない電波ですが、中継器を使うと遠方でも届きます。

似ている鍵で「キーレスキー」もあります。
こちらはリモコンのようにボタンを押して電波を当てる事で解錠できます。

キーレスキーの場合はボタンを押さないと電波が出ないので、いつの間にか電波を中継される事は起りにくいようです。
もちろんキー自体を盗めば別ですが、キーを盗めるならわざわざ中継する手間をかけずにそのキーで解錠すればいいわけです。
でもこの場合はキーが盗まれた(紛失した)と持ち主が気付きます。

一方、スマートキーは常に電波が垂れ流しです。
なので、いつの間にかスマートキーから出ている電波を傍受されて、中継器で遠方に送信されても気付きません。

つまりスマートキーの方がセキュリティがザルで車を盗み易いようです。

この防犯カメラの映像では大きな装置を抱えてますが、これは電波を増幅する装置とのこと。
スマートキーノ電波は微弱なので増幅する事で盗めるようにしたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください