火災で甲羅が消失した亀の為に作った3Dプリント甲羅

ブラジルで起きた山火事で甲羅が消失してしまった亀の為に、 3Dプリンタで新しい甲羅を作ったそうです。 作ったのは4人の獣医と1人の歯科医、3Dデザイナーの6人。 亀の体を測定し、他の健康な亀の甲羅を採寸し、 この亀に合う ‥‥

生まれつき足の悪い犬用のスプリング義足

先天性の足の障害を患っている雄犬「Derby」は、従来は車を装着して散歩していたそうです。 しかし、3Dプリンタを利用して重い車輪を背負わずとも走れる弾力性のあるスプリング義足を作成。 この義足をDerbyに装着して散歩 ‥‥

失った肋骨をチタン製3Dプリンタで再現

スペインの大学病院にて、胸壁腫瘍で肋骨を失った人の為に、 チタン製3Dプリンタで肋骨を再現したとのこと。 実際にチタン製肋骨を作ったのは、オーストラリアの医療機器メーカー「Anatomics」だそうです。 大学病院は発注 ‥‥

3Dプリンタでコストダウンした筋電義手

3Dプリンタを活用することで 通常の筋電義手よりも安く製作した義手の デモンストレーション動画です。 他にも、スマートフォンで筋電義手に信号を送ることで、 信号を送る仕組みを搭載しなくて済むので、 コストダウンになってい ‥‥

怪我をした亀に3Dプリンタで作ったチタンの嘴を装着

ボートのプロペラに接触して嘴を破損した亀の為に、 3Dプリンタで作ったチタン製の嘴を装着したそうです。 チタン製なのは金属アレルギーが出ないからでしょうね。 事故とかで骨折した人間を治すのに、 体内にチタン補強材を埋める ‥‥

生まれつき指のない子供の為に3Dプリンタで義手を作った

生まれつき指のない子供の為に、3Dプリンタで義手を作ったそうです。 通常の義手は何万円~何十万円もしますが、3Dプリンタだと数千円で製作可能とのこと。 ただし動力はなく、手動で指を動かすそうです。 この義手は子どもが好き ‥‥

3Dプリンタによる顔のインプラント技術をFDAが認可しました

顔のインプラント技術とは、事故などで失った顔の骨の整形をする技術で、 すでに患者の顔の75%をインプラントで再生した成功例すらあるそうです。 3D-printed face implant gets FDA approv ‥‥

3Dプリンタで網目状のギプスを作った

3Dプリンタで網目状のギプスを作ったそうです。 網目状にすることで臭いがこもらず、また洗えるので清潔さを保てるんだとか。 このギプスには超音波発信機が取り付けられており、超音波を骨折部位に当てることで骨折治癒が早くなるそ ‥‥

3Dプリンターで動脈を作ることに成功

佐賀大と東京のベンチャー企業「サイフューズ」が、患者の皮膚から3Dプリンターで動脈を作る技術を開発しているそうです。 実用化は平成30年がめど。 3Dプリンターで動脈 佐賀大など開発 患者の皮膚使用 腎不全の患者には人工 ‥‥

細胞をインクジェットで打ち出して臓器を作る3Dバイオプリント

富山大学工学部の教授が、細胞をインクジェットで打ち出して臓器を作る「3Dバイオプリント」技術を開発したそうです。 生きた細胞をインクジェットで打ち出す「3Dバイオプリンター」 元はインクジェットプリンターが高速にインクド ‥‥

3Dプリンターで人口耳を作ることに成功

3Dプリンターで人口軟骨に細胞を結合させたそうです。 3Dプリント技術で人工耳を作成、見た目も機能も本物そっくり 米コーネル大学の研究チームが、人口耳を軟骨を土台にして作ったそうです。 まず本物の人間の耳をデジタル3D画 ‥‥

3Dプリンタで肝臓の複製を作ることに成功

カリフォルニアのサンディエゴにある会社「Organovo」の研究者が、3Dプリンタで肝臓の小さな複製を作ることに成功しました。 3Dプリンタで「肝臓のレプリカ製造」に成功、人体への移植を目指す 厚さは0.5ミリ 幅は4ミ ‥‥

ES細胞を3Dプリンターで積層させることに成功

スコットランド大学の研究者が、ES細胞を3Dプリンターで積層させることに成功したそうです。 積層したES細胞は、その後も活動を続けて増殖し、分化した細胞の形成も起きたそうです。 この3Dプリンターは特製で、空気圧でノズル ‥‥