3Dプリンタ技術の応用で30秒で化粧できる装置を開発

Foreoという企業が、3Dプリンタの技術の応用で30秒で化粧が終わる装置「MODA」を開発したようです。

スマートフォンで化粧のパターンを選び、
顔面を中に入れると、3Dスキャンで顔の凹凸を走査。

そしてきちんとファンデーションを塗り、
その上にチークやアイシャドウを塗り重ねて、
30秒後には化粧が完成するとのこと。

PV動画もあります。
実際の装置ではなく、あくまでもイメージでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください